に投稿

野菜、豆腐等で血圧、血糖値、高脂血症が改善に向かっています。

幼少時から親の食事習慣の影響か、甘い物や揚げ物、肉類中心の生活だったせいか、40歳代から収縮期血圧が140を超え、血糖値が100を超え、LDLが120を超えて来ました。しかも、元々、親が痩せ型体形だったせいか、自分も食べても太らない体質ですので、ついつい食べ過ぎでした。

グラマラスパッツ

50歳代には狭心症の症状が出て高脂血症改善薬、降圧剤、カルシウム拮抗剤を飲むようになり、60歳代で退職してから、このままではいけないと思って、食生活の改善をしたいと思うようになりました。

そもそも40歳代からコーヒーなどに砂糖を入れるのを止めてシュガーカットに変え、醤油も減塩醤油に変え、調理用油もオリーブオイルなどオメガ脂肪酸系のオイルにも代えていましたが、どうしても仕事の関係で外食が多く、効果がみられませんでした。

退職を機会に、3食、家で自炊に変えて外食をほとんどしなくなりましたが、血圧が高いのは遺伝による本態性血圧のようで、なかなか上が130を下回りません。
そこで、食事の時は最初にサラダを食べて空腹感を癒し、肉が好きなのでハンバーグも豆腐バーグに変え、揚げ物が食べたいときは豆腐を小麦粉でまぶして植物油で揚げて食べるようして肉の摂取量を減らしました。

それでも、小腹が空いたときにはチョコレート、クッキー、飴等を好んで食べていましたが、こんにゃくゼリーも食べるようにし、それでも満足できないので、寒天を作ってフルーツジュースなどを混ぜて甘味をくわえてストレス解消しています。
その上、サラリーマン時代は運動不足になりがちで、腹囲が80cmを越えてメタボの診断にひっかかりそうになりそうでしたので、毎日、腹筋運動をして腹囲が70cm台に低下しました。

その結果、降圧剤も飲み続けてはいますが、5年くらいかかって血圧も130、LDLも120、血糖値も100を下回るようになり、このままダイエットを続けようと思っています。