に投稿

何をどうしてもどうしようもならない

大学生の頃の話です。一人暮らしを始めましたが、自炊をしたのは最初の数か月だけ。その後は外食、コンビニ、インスタント、ジャンクフード、すっかり食生活が偏りました。生来のものぐさから、掃除も滞り、インターネットやゲームで夜更かし三昧。それはひどい生活を送りました。ネオちゅらびはだの効果

その中のどれが原因なのか、はたまたすべてなのでしょうか。あるいは、涼しい地域から夏場は暑くなる地域への引っ越しで、以前より汗をかくようになったためでしょうか。いつしか私の肌はボロボロになっていました。額、頬、鼻、どこもかしこも赤いぶつぶつが膨らんで炎症を起こしていました。その上、顔がずっと痒いのです。触れると額にも頬にも鼻にも、でこぼこしており、かゆいからと言ってかくと痛みが出ます。その様子があまりにもひどいので、これは本当にニキビなのか、自信もなくなるほどでした。

高校生時代まで、私はニキビとは無縁でした。大学生になっても化粧もしなかったこともあり、美容に興味はありませんでした。何の対策も必要だと思っていませんでした。ただ、あまりにもひどい状態にさすがにおびえ、あわててニキビケアのスキンケア用品を取り揃えました。そこまで悪化した肌は、何をどうしてもせいぜいかゆみがましになる程度で、肌が落ち着くまで、数年は要しました。