に投稿

肌の色の違いはどうなのか

肌の色の違いと言うものを見てしまう人にとっては見てしまうのではないかと思います。日本と違ってアメリカはかなり肌の色が違う人たちが多い国でもあり
白人と黒人とで別れています。

アメリカ
白人62%
黒人12%
なので6人に1人は黒人がいる計算になります。
街を歩けばよく見るレベルです。
https://www.nhk.or.jp/school/syakai/10min_tiri/kyouzai/001601.pdf

シロジャム(Sirojam)の最安値通販は?購入して3ヶ月間使った効果と私の口コミを辛口評価でお届け!

「なぜアメリカは世界一の国家になれたか?」
産業革命以前は中国が最大の経済大国であった。産業革命後、イギリスが世界一の生産力を誇るが19世紀末の「大不況」と呼ばれる長期不況、第一次世界大戦を経てアメリカが世界最大となり第二次世界大戦後、アメリカは世界総生産の半分弱を占めるほどに至るようになります。

厳密な定義はないが、GDP(国内総生産)が世界の総生産に占める割合の大きい国が経済大国と呼ばれる。現在、経済大国と呼ばれる国は、アメリカ合衆国、中華人民共和国、日本、ドイツなどである。

ただし、経済大国が他の人口の少ない先進国より、1人当たりGDPが大きいとは限らない。日本や中国よりもシンガポールの方が1人当たりGDPは大きいが、日本はシンガポールの25倍以上、中国に至っては250倍以上の人口を擁するため、市場規模は日本や中国の方がずっと大きいということになるわけです。

資本蓄積が進展しているため、資本輸出の余力が大きい。特に、ドイツや日本は経常黒字を背景に継続的な資本輸出を行なっており、諸外国の工業化を支えています。金融市場が発達しており、流動性も高いため資金調達や運用の中心となっているわけです。