に投稿

脇が臭いと思われないように工夫しました。

ワキガであるために、「臭い」と思われないように工夫をしました。
例えば、アルバイトは臭いが気にならない飲食店を選ぶ。ただ、調理で余計に暑くなってしまうこともあるので、夏はクーラーの効くところを選ぶようにしたほうが良いと思います。

プルーストクリーム

勉強など長時間座って作業をするときには、脇に臭いがこもらないように、脇を開けながら行うように意識する。
これは、暑くないところでは有効でした。ですが、暑いところだと、開けていても汗はかいてしまうので、周りに臭いが漏れないように脇を閉める。結果、もっと臭くなる。という悪循環になりました。

また、制汗剤も普段から使っています。臭いを選ぶときは無香料、もしくはせっけんの匂いなどの強い匂いがつかないものを選んでいます。なぜかというと、匂いがつくものは脇の臭いと混じってしまい、余計に臭くなるからです。しかし、制汗剤を塗る前に汗をかいていては、制汗剤が落ちてしまい、効果が少なくなります。制汗剤を使う前には必ず汗を拭きとること。

こちらも匂いがないもので拭き取ることを推奨します。制汗剤の注意点は、脇の臭いは抑えられましたが、サラサラの汗が出やすくなってしまうことです。人または使用する制汗剤にとって異なるとは思いますが、自分にあった制汗剤をえらぶことが大切です。
私はこのようなことを行ってきましたが、今ではワキガの手術もあるようです。少し高いですが、これからのことも考えると、手術をすることが一番楽かもしれません。