に投稿

一日のうちで一番口臭が強いのはいつ

ドラッグストアにズラッと並ぶ口臭予防商品の種類の多さを見ても、日本人がどれほど口臭を気にしているかよくわかります。
最低限のエチケットとして口臭対策はとても大事なのですが、一日中どの時間帯も同じように口臭がすると思っていませんか。

実は起床時が一番口臭がきついのです。

ブレスマイルクリアは市販で購入可能?薬局やドンキでの取扱を調査!

そもそも口臭は口腔内細菌が出す揮発性成分です。虫歯や歯周病の細菌だけでなく、汚れ(歯垢)の中にも細菌は存在します。
口腔内細菌は常に私たちの口腔内に存在していますが、日中はその量が起床時よりは少ないのです。

私たちの口腔内は常に唾液で潤っており、一日でおよそ0.7L~1.5Lの唾液が分泌されています。
唾液は口腔内の汚れや細菌などを流してくれる働きもあります。
その唾液はどこに行っているのでしょうか。私たちは無意識のうちに飲み込んでいますが、胃酸の方が強いので体に害はありません。

唾液の分泌量は食事を摂るなど口を動かすことが多い日中にくらべて、寝ている間はずいぶん少なくなります。半減以上です。
そして口腔内細菌の増殖スピードはおよそ4時間で2倍と言われています。
就寝中の口腔内は、口腔内細菌が唾液によって流されることなく口腔内で増殖している状態なのです。

よって、就寝前の口腔細菌の量をいかに減らすかが起床時の口臭対策になります。

就寝前にしっかりと口腔ケアを行い、できればデンタルリンスなど就寝中の細菌増殖を抑える成分が入っているものでうがいをしてください。

そういった対策をとることで、起床時の口臭を抑制することができます。

また朝起きたらまずうがいをして朝食を摂りましょう。口腔内細菌の量はかなり減少します。
口腔内細菌の量が減少することで口臭も抑えられるでしょう。

に投稿

どんどん代謝が悪くなり痩せづらく…

いつもなるべくダイエットを意識して生活するようにしています。
年齢を重ねたことによって、代謝が悪くなったのか、体重は増えやすく落ちづらいのが悩みの種です。

・甘いものは食べない
・炭水化物は控えめにする
・なるべく毎日体を動かす

若いころなら、これだけでもかなりの効果があったものです。
しかし、今では、これだけでは、ほとんど体重に変化がありません。
デスクワークをしているのも、体重が減らない理由のひとつではあるかと思います。

http://www.ahja-news.org/

ここ1~2ヶ月は、食べる量は増えていないのに、謎の体重増加に困っています。
特にひどいのが下腹部です。
おなかだけがぽこんと出てしまい、あとの場所は以前と同じです。
明らかに見た目が変なので、なんとかおなかを改善したいと思ってはいるのですが…。

便秘もしているため、今は、下剤を飲んででも、なるべく毎日お通じがあるような状態になるよう気をつけています。
これからますます代謝は落ちていくはず。
そのため、ますますダイエットに向けて意識を高めなければなりません。
もう体重は多少あってもいいから、見た目をもっとすっきりさせたいなと思うことも多々あります。
なんとか、理想のスタイルになれるよう頑張りたいものです。

に投稿

口臭の原因を探って改善するには

口臭の原因は、心理的なもの、口の中に生息する細菌がタンパク質を分解する事で発生するガスなどです。これらを取り除く事で、口臭を大幅に抑える事ができ、周囲に不快な思いをさせなくて済みます。

細菌の増殖を抑えるには、唾液の分泌量を増やす方法があります。分泌量が減っているのであれば、噛みごたえのある物をよく噛んで食べたり、ガムを噛んだりすると良いでしょう。また、適度に水分補給を行って、口の中が渇かないようにするのも効果的です。イニオ

ストレスが原因で口が渇き易くなったり、口呼吸をする事が多いために口が渇き易いという事もあります。ストレスを減らす為にリラックスが出来る事を行ったり、口呼吸をしないように習慣をつける事も改善に繋がります。

歯と歯の間に食べ物のカスが溜まる事で、これを口内の細菌が分解して硫化水素やメチルメルカプタンやジメチルサルファイドを発生させますので、食べ物のカスを取り除く事は、口臭予防には大切です。方法としては、デンタルフロスや歯間ブラシを使うのが良いでしょう。また、これらを行う時間が無い場合は、ぶくぶくうがいをするのも効果的です。食事をした後には、食べ物のカスが溜まったままにならないようにするだけで、大きく改善出来ます。