に投稿

言語化して、誰かに話を聞いてもらう。

ストレスが溜まったら(イライラしたら)、私はまず、なぜ自分がイライラしているのかを、自分の中で整理する(言語化してみる)。
例えば「私は今何でこんなに嫌な気分なんだろう」→「総務部の○○の対応のせいだ」→「私がこういう目的でこういう用件があってメールでこう問い合わせ、何日も返信がなかったので催促したら、ああいう返事が返ってきた」。「今回に限らず彼の対応はほぼ常に①急いで返信すべき内容にも(その旨を明記したにもかかわらず)返信が遅い。②返信の内容が的外れ(空疎な形式論や問題に対する根本的な理解の欠如が多い)。③異常に偉そう」。

http://www.chunkypiglove.com/

言語化すると、その時点でモヤモヤしていた気持ちが少しクリアになる。何にイライラしているかはっきりするし、「やっぱり私は悪くない」、あるいは「この点は私が悪かった」という評価もしやすくなる(正直なところ、「やっぱり私は悪くない」ことの方が多い)。

だけど、一人で考えていると、クリアになった黒い感情がどんどん大きく、重く、さらに黒くなっていき、「考えまい」と思ってもつい考え続けてしまう。そして黒い感情がもっと大きく、重く、黒くなっていってしまうのだ。
そんなとき、その話を(できれば温かく)聞いてくれる人がいるのが一番ありがたい。

まず、一度自分の内部で整理した言葉を、相手に伝えるためにより簡潔に整理し直して、相手に伝えることでより客観的になれる。一人で考えているときは見えなかった自分の悪い点が見えてきたり、全体として大したことじゃなかった、という評価が容易になる。

「女性は話を聞いてほしいだけで、大体自分の中で結論が出ている」というけれど、実際にはある程度掴んだ結論を、誰かに伝えることで確認し直している場合が多いのだと思う。勿論、自分では思いつかなかった視点からの分析や、対応方法をその誰かに教えてもらえることもある(それこそ貴重で、本当に悩んでいるときはむしろそういうことを言ってくれそうな、自分と少し違う考え方の持ち主に話をして意見を求めた方がよい)。

でも、実はその整理や評価が客観的であることは、あまり重要ではないのかもしれない。
まずはとにかく自分の話を温かく聞いてくれる人がいるだけで、理屈よりも前に、身体的に安心するのだ。
黒い感情(ストレス)は少し薄くなり、一人で考えていたときとは比べ物にならない位に軽くなって、小さくなる。

に投稿

丸の内サディスティックベースを見つけたが最後(笑)

いやぁ~、弾きこなしレベルもスゴすぎると失神するね(笑)。っていうのが率直な感想だろうか。

日々、ジャズ音楽とは親しんでいる私。CBDMAXの効果を徹底検証!

基本的にジャズ独特の和音はとってもオシャレだし、スイングしたり跳ねたり刻んだり、あの独特のリズムとも相まってもの凄く酔わせるものがある。

いつものように音楽との密な時間に浸っている矢先、先日またとてつもない動画に出逢ってしまいさあ大変(笑)。

林檎の丸の内サディスティックをリズムパターン別に演奏しているござさんの動画だ。

何だこりゃ。。。一瞬でヤられるじゃないですか、もう、ダメですよ丸サなんて使っちゃ。。。(笑)

テンポ・ルバートから始まるリズムから始まる演奏。ごていねいに部門ごと解説までもが^^♪

あくまでリズム解説動画ということだけど、どれもが唸るものばかり。圧巻される演奏ぶりはもはやタメ息級で、ジャズ世界に浸るに浸るにはこのリズムパートだけでじゅうぶんなパワーがある。

キレよく跳ねて詰まったように巻き戻す感じのハーフタイムシャッフルには、よくこの速いリズムで細かい音まで見事拾っていきやがんなと(笑)。

そしてそれ以上に、2拍子でテンポよくサンバが来た次に入るシャッフルがよすぎてたまらん。。。これは完全に酔わされる。やられる。シビレる。中毒する(笑)!!

この演奏動画に出逢って間もないから新鮮さによるところが大きいんだろうが、それを差し引いてもこの感動はデカい。

たんに「うまい」というよりは「ムカツクほどいい」弾きこなしっぷり(笑)。

もはや聴いてて「あぁあぁ。。。」レベル(笑)。聴いたときの感動、曲への陶酔レベルがあまりにも凄いと涙を越して失神に近いものすら感じた。

こんな素敵な丸の内サディスティックを見つけたが最後、という感じ。

ということで、ハイ~、チャンネル登録決定~!な動画だった(笑)。

元の録画音源が小さめなのか、手元で音量MAXにしてももうあとひとつ音が大きめにできないのが残念でならない。

すでにコメントでそういう人がいるように、全パート脳内再生ができるのも時間の問題かと思われる(笑)。

に投稿

ストレス解消法というのは

ストレスというのはなかなか溜まりやすいことではあります。ストレスを解消するためにはとにかく疲れるというのが意外と良かったりします。http://www.ravizzabrownfield.com/

疲れることの方向性、というのがとても大事ではありますが、つまりは運動です。仕事で疲れるというのは当然ストレスが溜まるということにはなるのですが、そうではなくて運動をしたりすることによってストレス解消での疲労というのが得られるようになります。

昔からちょっとした運動というのはストレス解消になるとは言われているわけですからこれは間違いないことでしょう。ただし運動が趣味になるような性格の人であればという話であり、そもそもも運動が嫌いというのであればあまりお勧めできることではないです。その場合、ストレッチなどでもお勧めできることがあります。

ストレッチなどはとてもよいことです。少しだけでもしっかりと運動をするだけでもストレスを解消することができるようになりますから、これは実によいでしょう。後は趣味に没頭するというのもよいでしょう。あまりお金がかからない趣味なのであれば経済的にも負担が軽いということにはなりますし、時間があまりかからないというのも良い場合も多いでしょうから趣味を探してみましょう。